結婚式に行ってきた

 この連休、京都に帰って親戚の結婚式に出席してきました。

 場所は平安神宮。と、言っても有名な神社かどうかは分からない。

 京都じゃ知っていて当たり前のことも他じゃ全く知らないこともある。誰でも知っている有名なところは八坂神社や伏見稲荷くらいだろうか。

 

 平安神宮自体は遷都1100年を記念して明治に建てた新しい神社。目玉は大きな鳥居。

 あと、御朱印帳

 四神を誂えた格好良いやつ。御朱印帳に見た目は必要ないと思っている方も是非一度は見てほしい。私は欲しかった。

 私が持っている貴船神社のやつは無地であるので、平安神宮のやつはちょっと憧れる。

 いや、貴船神社のやつもいいですよ。雰囲気はばっちりです。

 

 結婚式には、祖父も参加した。

 祖父はもう90を超えて少し思考能力が落ちてきた、耳も遠くなり大きな声で話さないといけなくなった、足も悪くなってほとんど車椅子だ。

 そんな祖父の車椅子を押しながらとめどない話をしていた。

 

 医者たるものは――。

 

 祖父のこの言葉は私は好きだ

 親戚の中で、多くの者が医学の道に進んだにも関わらず、残念ながら?私は医学の道へは進まなかったか。

 今は少しなりたかったと思わなくもない。かもしれない。

 

 医者ってのは、金持ちで、高慢でと思う人が多いかもしれないが、祖父はそうではなかった。

 医学は多くの患者さんに行き渡らないとならないし、医師は患者の生老病死はしっかりと見なければいけないと。

 いつも口を開けば、患者第一だった。

 偽善と善の差は、私はよく分からないが、老いて尚この境地に達しているなら偽善ではないだろうなと思う。

 

 何かを志し、それに命を灯したのが祖父の生き方だった。

 この話を聞くと、いつも、胸の奥底から湧き上がるような感情が芽生える。

 

 人の魂が燃えているのを見ると、自然と自分の魂が燃え上がるのを感じる。

 自分も魂を燃やすような生き方をしないとと、再確認させられる。

 

 祖父の年齢に達するまで後ニ、三回は人生やり直すだけ生きなければならない。

 そう考えると、長い道のりだ。

 けれども、なぜか、ニヤリとしてしまう自分がいる。

 

週末はブログを書かないことにしている

 通勤の時に書くので、土日にはブログは書きません。

 都合悪く三連休で間が空くので、月曜日にはちゃんと復帰できるように頑張らないとな。

 

たぶん、そこが一番の難敵?

 

視線を変えると世界が変わる

 当たり前だけれども、毎日何かしらイベントがあるわけではないので、ブログを書くためにはネタを探さなくちゃいけない。

 朝起きて、仕事をして、帰宅して、寝るだけでは、「今日も昨日と同じ日でした」としか書けない。

 

 何があってどう感じたのか、どうしたのか、どう考えたのか。

 それを自分の中に消化するだけでなくて、他者に見える形に加工しなきゃいけない。

 久しくやってなかった作業なのである。

 

 誰かに聞いたのか、誰かの名言だったのか。

 

  大きな一歩を踏み出せない時、まずは視線を上げて歩きなさい。

  そうすれば、肩が開く。肩が開けば胸が張る。

  胸が張れば背筋が伸びる。

  一歩が大きくなる。

 

 こんな言葉がある。

 実は文章もうろ覚えで、確かこのような言葉だった気がすると疑問符をつける言葉である。

 検索しても見つからなかったので、分からないが、本当はもっと長かった気もする。

 実は全然意図するところが違うのかもしれないが、大きな一歩を踏み出せなくて困っている人はまずは、視線を上げる程度の些細なことからやってみないか? なんて意味に私は取った。

 そういう意味では私の些細な行動はこのブログだった。

 

 なので、LLLの諸兄方の中で、流行りに乗るのが嫌いな方々も、折角なのでブログを、やってみてはどうだろうか。

 所詮ネットの中なのだ。

 すぐに止めても誰にも文句は言われないはずだ。

 

 ちなみに、私はブログを始めて、ネタになるかと1つ普段と違うことをしてみた。

 それは、朝の通勤の時、自宅から駅までの間を走るというものだ。

 普段は、寝坊した時にくらいしかやらないそれだけのことだが、今回は見上げた空に白い月があって、テンションが上がって走った。

 朝方の月って見るとテンションが上がらないかい?

 

 すぐにバテたわけだが、少し楽しい気分になれた。

 

 どうでも良い些細なことをすると明日が少しいつもと変わるかもしれない。

 そんな気分でまた、明日も書ければいいな。

 

切っ掛けは如何ようにも

 他人に影響されて何かを始めるのは短距離走みたいなもので、瞬発力があるけど持久力がないかもと思うのが自分の経験上あったりする。

 でも、そうやって短距離走を続けていく人が、結局、長距離を走ったり、別の何かで、また短距離走を始めたりするのは羨ましくもある。

 

 辞めるからと何もしないのは、やはり寂しいので、自分も触発されてやってみることにする。

 

 これが短距離走になるのか、長距離走になるのか。

 まだ走り始めたばかりだから分からない。

 むしろ、まだ走り始めたばかりだからそんなことは心配しなくてもいいかもしれない。

 少し冒険したような心地よい気分なので、明日もまた書ければ良いな。