寝坊的な!

 的な……的な……

 厳密には違うのですが、起きたら仕事行きたくないってことはあります。

 ありますよね?

 

 できることなら働きたくない、働いてもいいけど、自分のペースで働きたい。

 わがまま言えば切りないですね。

 

 はてなブログって、初めて書いたんですが、アプリを使用しています。

 いまいち、この使い方がよく分からない。

 例えば、星をつけてくれた人のブログに飛びたいけど、そうすると、ウェブブラウザが開く。

 もしかして、本当に書くだけの機能でブラウジングはできないのだろうか……

 でも、購読中のやつは飛べるんだよなぁ……

 あと、星つけようと思ってもたまに出ない時がある。

 謎だ……

 

ついに切れた……

 飲み会なんかが入ると帰りの電車でゆっくり振り返ることも考えることもないので、

 昨日の自分と振り返っても、何も浮かばない。

 そう、ついにネタが切れたわけです。

 

 とは言え、今日は何もないですと書くには芸がないので、自分の思っていることをとつとつと書こうかと思う。

 

 自称多趣味な自分だが、それは同時に飽き性でもあって、ある程度続けると未練なくそれをやめてしまう。

 複数人でやるようなものも変わらず、最初は仲間内でワイワイとやるが、いつの間にかやらなくなってしまう。

 なぜかと問われると理由はよく分からない。新しいことを始めるのは意外と腰が軽いのだが、辞めたことを改めてやるのは腰が重い。とてつもなく重い。

 再起動が遅いってことで、バージョンアップも遅い。

 パソコンと同じで、こんなものだから億劫になって起動し切るまでに諦めて辞めてしまう。

 なので、趣味、やった事があるもの、が増えていって熱中しているものはあまり増えない。

 スタート時点の没頭度が高いので、最初はほとんどの人よりも上手いことが多い。

 これは1つの自慢かもしれない。

 が、所詮最初だけで、長く積み重ねた厚みには負ける。

 やはり、そういう意味では情熱を持って続けている人への尊敬度は高い。

 

 例えば、今回のredditのブログ群なんかは、AOE書いている人とか漫画書いている人とか、熱意を持ってやっているのだろう片鱗が見えると尊敬してしまう。

 まぁ、AOEって昔のWindows98のソフトで買ったことあるなぁくらいの記憶しかないので、記事の内容はほとんど理解できないが、面白く読んでる。

 やっぱり、情熱というのは、何物にも勝る素晴らしさがあると思う。

 

 そんな自分だが、飽きずにまだやれている趣味が実はある。

 それが小説を書くことで、こればっかりは今もやっている。

 結婚して、子供が生まれてもやってるものだから、なかなか趣味というのは業が深い。

 昔は、即売会とか積極的に参加していたが、結婚してからは疎遠になって、子供ができてからは更に疎遠になった。

 ティアとかコミケとか遠い日の記憶しかない。

 

 どういう訳か二次創作があまり好きではなかったので、オリジナルばかり書いている。

 不遇なジャンルだったが、その分、来てくれるお客は濃い人が多かった。

 今となってはいい思い出だ。

 

 今回、また一作仕上げたので、Zartnにでも載せようかと思っている。

 衆目に晒すので、校正を通しているのだが、その相手が来月結婚なんだよな。

 間に合うのかな。。。

 特に期限を決めているわけじゃなかったし、結婚式の準備とかでは忙しそうなのでさすがに優先させろとは言い難い。

 

 書いているジャンルは昔からずっとファンタジー一本で、それ以外を書いたことがない。

 エルフがいてドワーフがいて……魔法は美しく、戦士は力強く。

 そんな世界を旅している。

 現実世界でも旅が好きなのは、間違いなくこの影響。まるで、本の主人公のように見たこともない所を歩きたい。そんな希望があった。

 

 今回は校正をしている友人の勧めもあって、なろうで受けるような題材で書いた。

 私の書く主人公はいつも弱い。そして、華がない。そんな人が、努力して発想と機転だけで物事を難題を超えていくのが好きなのだ。

 友人になろう系の基本的なスタンスや受けるものを教えて貰ったが、どう考えても自分の書きたいものと合わなかった。

 とは言え、無理だと拒否して書かないのも癪なので、自分の納得できる形に消化して書ききった。

 

 そんなわけで、近々、なろうかZartnで公開予定。

 こう言うのを書くと早く公開したくなるなぁ。

世の中にはいい匂いのウンコと臭いウンコがある

 おはようございます。

 朝からこんな話ですみません。

 いや、でもね。あるんですよ。

 いい匂いっても、花の香りとかフローラル系じゃないですよ。

 うんちだぜ!って香りです。

 

 昨晩、2歳になる子供が熱を出しました。

 過去も幾度か熱を出したことあるんですが、ウィルス系のお腹の壊し具合だと刺激臭がするんですよ。

 もう、それこそウッ!ってなるような。ヨーグルトを腐らせて何倍もキツくした感じです。

 で、今回は細菌系のお腹の壊し具合。今度は腐乱臭なんですよね。

 まさに名前の通り卵系の嫌な香り。オウフッ!ってなる香りです。

 

 ミルクだけしか飲んでなかった時代はもうちょっと癒やされる香りだったんですが、大人と変わらない食事を取り始めて、うんちの香りも私達と変わらなくなりました。

 まぁ、臭いんですけどね。

 

 嫌儲騒動でredditに移民してきた時に生まれた我が子。reddit歴=子供の年齢ってのもまた乙なものです。

 そう言えば、古巣はどんな具合なのだろうか?

 気になるような、ならないような……

 

旅行会社の破産ほど怖いものはない

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170327-00000075-nnn-soci

 

 てるみくらぶという旅行会社が破産したそうです。

 それくらいは、まぁ、たまにあるかなと言う感じなのですが、すでに出国した人は自力で出国してほしいとのことらしいです。

 これはなかなか酷い。

 行き帰りのチケットくらい確保しとけよ、危機感ないな。とか言うかもしれませんが、さすがに、そこまで気を回していたら代理会社を使った意味がない。

 悲惨としか言いようのない旅行です。

 

 旅行好きとしては、パック旅行はあまり好きではないですが、新婚旅行とかは、パック旅行使った記憶があります。

 旅行好きですが、豪勢な旅行は今までしたことがなく、主に貧乏旅行が多かったです。

 折角のパリに来たのに、エッフェル塔コンコルド広場も凱旋門も見ずに、ひたすらルーヴル美術館のみ行き続けるとかそんな旅行が多かったです。

 ご飯も、朝はホテルのモーニング、昼はスーパーでパン、夜は喫茶店でちょっとした肉。

 なので、旅行はよくしていますが、名所はほとんど見てないです。

 美術品で膨れないお腹を満たして、何ヶ月も滞在するような旅行をでした。

 

 学生何かは、この機会に是非そんな旅行をして欲しいですね。あとそのまま現地の人と仲良くなったりしたら、より楽しい。

 自分はコミュ障だからと思っている人がいるなら、どうせ知り合いなんていない。向こうは顔の区別なんてついてないし、ここで別れたら二度と会わないんだくらいの感覚で話したらいいかもしれません。

 かく言う私も、知らない人と話すのはあまり得意ではない。でも、旅行の時は別だと言い聞かせて話します。

 どの国も困っている旅行者には意外と親切なものです。

 好きな国、嫌いな国があるとは思いますが、困っている時に、日本語少しわかりますよって話しかけられたらその国のことが好きになること間違いなしです。

 

 海外に行ったからと言って何かが変わるわけではないですが、しなくて良いなんていう経験はないと思って行ってみてはどうでしょうか?

 その一歩を踏み出せば後は勝手に動き出しますよ。

 

水菜の花は黄色い

 おはようございます。

 今日も満員電車に揺られてブログ書いています。

 満員電車の体力減少度凄い。ガシガシ体力が削られていく。

 

 さて、水菜の花の色をご存知でしょうか?

 今時、水菜を知らない人はいないかもしれません。最近は、ちょっとしたサラダによくいますよね。

 ただ、たいてい売られているのは若い内に採られるもので、花はおろか蕾もないものがほとんどです。

 なぜ、こんな話をしたかというと、私の畑の水菜に花が咲いてしまったのです。

 市から畑を借りて、野菜とか作っているんですが、いつか食べよう、いつか食べようと放置していた水菜が遂に巨大化して花を咲かせました。

 これはダメだと抜いたら、バケツ一杯、カバン一杯が取れました。

 どうやって食べるんだって量。しかも、それもまだ3分の1くらいで、今もまだすくすく伸びている。

 小指ほどの太さの水菜とか。サラダにするには気合がいる。

 

 水菜はアブラナ科の植物です。

 そう、花も黄色。

 アブラナ科の花が全部黄色とは言えないですが、大根にからし菜。黄色が多いイメージ。

 そして、水菜もそのイメージから外れない色。

 

 採った量が量だけに、サラダにするには多すぎるので、鍋にしました。

 水菜が、8分で残り2分という恐ろしい水菜鍋。主役の水菜の存在感が凄すぎる。

 取っても取っても水菜しか出てこない。

 健康にはいいと思うのですが、飽きる。取っても、取っても緑色。鍋のスープも心なしか緑色。

 それを三食、土日でようやくバケツ一杯とカバン半分を食べ切れました。

 そう、まだ、残っている。

 しばらくは、水菜三昧が続きそう。

 

いいなぁ〜♪いいなぁ〜♪勉強って……

 おはようございます。

 物戸 音(ものと おん)でございます。

 こうやって自己紹介するのは初めてですよね。

 最近ハマっていることは立ち食い蕎麦。通勤途中に食べる温かいものがやめられない!

 

 勉強。

 この響きにいい思いを持つ人は少ないんじゃないでしょうか。

 かく言う、私もそうです。

 どうしても、学生時代の猛勉強を思い出してしまいます。

 学生時代が終わって、もう勉強しなくていいと思ったのは浅はかで、社会人になってからも相変わらずの勉強の日々。

 

 昇給条件の資格勉強から法制度が変わるとその中身の理解。日々何かしらの知識を詰め込むことに時間を掛けています。

 セキュリティ何とかという、名前もうろ覚えの資格を取るために勉強を始めました。

 給料上がるんですって。

 来月がテストらしいので、勉強期間は1ヶ月切ってしまってます。

 

 

 この中で趣味と読みたい本の時間を割くことがなかなか難しい。読みたい本が色々あるのに時間がない。

 そう言えば、「銃・鉄・病原菌」が後編の終わり間近で止まっているのです! 鞄の中で重しとなっている……早く読みきらないと!

 有名な本だけに、中身も面白いので、おすすめの1冊です。

 これも、大分と昔の本になりましたね。

 

 ここで、ちょっと気になる本を羅列していこうかなと思います。

 読まれた方は感想が聞きたいです。読んだことない方は、是非試しに……

 読んでないのでお薦めは難しいですが。

 

【気になる本リスト】

・ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト: 最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅 

 著者 ニール シュービン 他2名

・予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 

 著者 ダン アリエリー 他2名
・我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか

 著者  廣田 恵介

・箸はすごい
 著者 エドワード ワン

フンボルトの冒険―自然という<生命の網>の発明
 著者 アンドレア・ウルフ

 

 この5冊。

 何かしら何処かで勧められてメモったやつです。聞いたことある人もいるのではないでしょうか?

 古本でもいいので読みたいですね。
 

 明日は週末なので、ブログはナシです。

 また、月曜日に。

 

昨日は休んでいたので日記はなかった

 サボったわけではなくて、昨日は通勤をしてなかったので書かなかったです。

 まだ、自分ルール上、日記は途切れていない。

 

 そういえば、ブログを始めてネタのためにと散歩をしました。

 こういう事をするようになれたのは、ブログをやって良かったことの1つですね。

 

 カメラを持って、線路沿いを歩きました。

 結局2時間くらい歩いたのですが、中々良い感じでした。

 幸いなことに晴れていて、今はコブシがキレイに咲いています。

 撮った写真をここで投稿というのも考えたのですが、

 

 1.携帯では取ってなかったので、無理

 2.パソコンが壊れているから、無理

 

 の2つの理由により投稿できず。

 1つ目の理由はそこまで頭が回ってなかったからなので、次回は撮りたいなと。

 

 問題は2つ目です。

 電源は入るのですが、マザボのロゴさえも現れない。

 マウスの後ろは光って認識しているっぽいのに、キーボードの光はつかなくて認識してないっぽい。

 たまに、極たまに、起動する場合がある。

 

 やっぱり、マザーボードですかね? マザーボードですよね?

 もう、BOTでいいかなぁと思ってしまう今日この頃。