読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘めたる暴力性

 自分が暴力的じゃないと自覚していてもある日、突然、その暴力性が目覚めるときがあります。

 私はそれがこの前でした。

 

 朝の通勤の電車は長い。

 そんな中、便意が押し寄せたらどうなるでしょう。

 降りるか、我慢するか。

 降りたとしても、近くにあるかはわからない。あったとしても並んでいるのでは?

 遠くにあった挙句、並んでいる状況はキツイ。ましてや、この状態で動き回るなんて……

 我慢するとして、絶対に粗相はできない。

 もう限界と感じた時に駅と駅の間だったらどうする。

 と、究極の二択を突きつけられます。

 

 その時、私の頭をよぎったのは、前に座っている人の胸ぐらを急に掴み上げ、「便意を収まれ、便意を収まれ」とひたすら殴り続けるシーン。

 もう意味がわからないですが、私はそれで乗り切れました。

 

 結局、降りない選択肢を選びましたが、過去は降りる選択をしました。

 その時は運が悪いのか、いつもなのか、長蛇の列で顔真っ青にしていました。

 

 お腹ストップ系の薬って本当にきくのでしょうか?